木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

物々交換が生きている

山畑の かじか さんが解体した鹿の角を加工し届けてこれをゲット!!!
しし肉です。脂身がしっかりしていて焼くとお香のようないい香りがします。山でドングリや木の根っこやミミズ、さらに伊賀米!?などいいもの食べて山を走り回っている伊賀のイノシシです。ジビエを食べるとすごく力が湧いてきます!
こんなおいしいお肉になるんだっったらいくらでも加工したい!

田舎では物々交換がかなり生きていますね。


桜の椅子
スポンサーサイト
  1. 2014/12/10(水) 21:47:57|
  2. 料理とお菓子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お花とはっぱ | ホーム | 明日は最終日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1307-d3fc4a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)