木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

展覧会初日です



トリイセツコさんのお店は古い町屋、京都らしいたたずまいです。
そして奥に奥にとずっーと本当にウナギの・・・ですね。


DSC04446.jpg

昼間はお客さんが多くて・・・夕方になってやっと写真を撮りました。
トリイさんの新作ニットと木の仕事が仲良くコラボしています。


DSC04448.jpg

座敷も京都らしくて、さらに奥にお庭があってその奥にまで明治の立派なお蔵があります。
お庭はまた明るいときにゆっくりと。

明日はボタンブローチのワークショップで定員をオーバーして13人!少し時間をずらしてもらってお昼の1時からノンストップです。

トリイさんと


DSC04447.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 23:51:21|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨の京都 | ホーム | 45RPM・コインR>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1302-2bb3b53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)