木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

ぐるぐると・・・

粗どりは日に日に目に見えて作業が進んで行くので見ていても楽しみです。

四角い欅がもうこんなにぐるぐるしてきました。





これからは仕上げにかかっていくと見た目はさほど変化はありませんが、本人にとっては楽しみな作業です。

DSC04180.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/09/17(水) 07:55:54|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鹿角加工続く。 | ホーム | 秋の空と伊賀風土FOOD市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1248-ba9149d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)