木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

丸を四角に。

丸かったり楕円だったり、そしてさらに3次元に曲がっている!!
そんな鹿の角から1ミリ厚の板を切り出すのはこうして何となく四角に切ってすりおろして面を出します。
表面の鹿角らしい表情の部分はみんななくなってしまうんですげど・・・




スポンサーサイト
  1. 2014/09/11(木) 09:33:01|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレンジ色の働き者 | ホーム | 石ころブローチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1244-9a7c1171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)