木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

躓きの石=ケルン

アパートの角を曲がったとこ、歩道に埋められた躓きの石。
石といっても表面は真鍮に刻印された10センチ四方のもの、ケルンでは住宅街を歩いているとあちこちで見かけます。
第2次世界大戦時に強制移送されたユダヤ人が自由意思で選ぶことが出来た最後の住居の前の歩道に設置され、名、生年、強制移送先が刻印されているとのこと。

ケルン在住の彫刻家、グンターデムニヒさんが1993年から取り組んでいるプロジェクトだそうです。
詳しくは「躓きの石」で検索してみてください。



さてアパートの近くの朝の様子です。

街中に自転車道が整備されていて通勤の人もお買い物のオバサンも保育園児も、
自転車です。
近くに保育園があったのですが4~5歳の子がたくさんヘルメット被って自転車で通園しているのを見かけました
もちろん補助輪なんてついていません(あれっておせっかいな日本だけのものですよね)

カフェで休んでいたらおばあさんがさっと自転車で乗り付けて友達を見つけ、その自転車をぱっとおりたたんでスタンドで立てて一緒にカフェ飲んでいるの見てさすが~!!
自転車文化、根付いてますよね。


DSC03854.jpg

ケルンは大戦時かなり建物が破壊されたそうでヨーロッパの都市としては新しい建物0が多いほうかもしれません。
こんなモダンなアパート(ホテルかな)も。
ドイツ語、まったくわからないのであまりガイドに適していませんが。

DSC03859.jpg

歩いてすぐにライン河。
かなり流れが早くて土で濁った色。
大きなタンカーをよく見かけました。


DSC03861.jpg

街を散策しているとあちこちにある旧市街の城壁あと。
日本みたいに説明の看板類はなにもなく静かに現れ静かに居ます。
こう考えると日本ってみんな言葉通じるのに、文にして看板に書くのが大好きな民族みたいですね。

DSC03863.jpg

街の繁華街、市役所のすぐそこでの遺跡発掘調査。
延々と続いているらしくつっかえの木が古びてきてました。
きっと何世紀分も積み重なってキリがないのかも~


DSC03867.jpg

すぐ近くの公園に朝の散歩。
とにかく変な作り物など何もなくって本当の森みたい。
大きな池の周りをジョギングする人、チームで走っている中学生(サッカー部かなあ)
ベビ-カーを押しながらダンベルもって早歩きしているグループ(産後のシェイプアップクラス?)
犬の散歩の人、ゆっくり歩いてる年取った夫婦。
みな思い思いに短い夏を楽しんでいるみたい。
とにかく昼間で22度くらいで日本のキチガイみたいな暑さがうそのよう。
これで夏なんだから冬はやたら長くてきびしそう・・・


DSC03871.jpg

ケルン大聖堂よりまずはずっと行きたいと思っていた(でも行けるとは思ってもいなかった!)
コロンバ・ケルン大司教区美術館
ケルンのにぎやかな商店街みたいなところにあってびっくり。
大戦で大破して放置されていたもを戦後50年してケルン大司教所蔵の展示館を立てることになり、コンペで指名のピーターズンドー氏が10年かけたという入魂作。
でもケルンっ子のレナートも行ったことないそう、往々にしてそういうものかもしれません。

大破した教会や発掘されたローマ時代からの遺跡と戦後たてられて今も地元の教会として使われている小さな建物をみんな取り込んで織り込むようにたてられた美術館です。
家具や建具、照明に至るまで ズンドー氏の手になるもので隅々まで行き届いた感性が素晴らしい!

1~2階は博物館のように渡り廊下からローマ時代~の遺跡が見渡せ、3~4階は古い教会所蔵品とモダンアートが重なり合うような不思議な展示でまったく飽きさせない仕掛けが次々現れてそんなに広くない敷地の中で迷路に入り込んだよう、真っ暗な古い教会用具の部屋から出たら大きくとられた枠の見えない開口部からケルン大聖堂が見えたり
2階分拭き拭けの四角い箱にモダンアートのインスタレーションがあらわれたり、全面木材に囲まれた静かな読書室があったり、とにかくそのどこもディティールが秀逸。
ひそやかなミュージアムショップやクローク、紳士がドアを開けてくれる玄関。
囲われた瞑想的なガーデン・・・



DSC03885.jpg

DSC03886.jpg

DSC03868.jpg

DSC03873.jpg

DSC03880.jpg

DSC03874.jpg

DSC03879.jpg

帰国した途端に組長会、次の日は夜中に起こされた状態で朝7時から中学校の草刈と公民館の掃除当番にそれぞれ駆り出され、お掃除もろくにできないうちに昼から見学のお客さんで・・・やっぱりいきなりバタバタと日本時間。

続きはまた・・・

スポンサーサイト
  1. 2014/08/24(日) 23:22:33|
  2. 休日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オランダの海 | ホーム | フィンエアー8月4日~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1230-281dd085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)