木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

箱いっぱいの幸せ

定番の鹿角ダッフル50ミリ、穴を大きくそして両端の裏側をすこし削って反らしてループをかけやすくした改良型。
バックの塩田さんの注文、選んでもらおうとたくさん作りました。
昨日来てくれてオーダーバックの苦労話に花が咲いて、一緒にお昼ソーメン食べて・・・
楽しかったわ~

そして塩田メイドのポシェットもゲット!
名張駅の近く、100年の長屋をアトリエにして頑張ってはります。
atelier Yazdというのがアトリエの名前。
バッグ愛があふれてますね、塩田さん!





フラップの中にファスナー、裏にもファスナーポケットで実用性も○、こういうところは女性ならではかも。
思ったよりたくさん入ります。

DSC03827.jpg

お守りの刺しゅうは生命の樹


DSC03828.jpg

スポンサーサイト
  1. 2014/08/01(金) 07:01:04|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<追加と追加と。 | ホーム | お次はジェットコースター!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1226-ec7086b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)