木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

夏のネックレス

急に夏になったみたいで参ってしまいそうです。

今年もデッドストックの貝ボタンとガラスビーズとシルク糸で涼しげなネックレス作りました。
アンティークというには新しくて・・・100年しないとアンティークとは言えないとのことですが
はっきりした表示のきまりもないようであいまいですね。
カット物の貝はだいたい4~50年くらい前のものです。
昭和30年代に貝パール調がプラスチックで出来るようになって急に貝釦の輸出も少なくなったそうです。

ガラスは大阪の南のほう、泉佐野などでビー玉などの生産が盛んだったようでこれは大阪のガラスビーズです。
35年ほど前のものです。これはまちがいなく。







スポンサーサイト
  1. 2014/06/02(月) 11:36:12|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<隙間のかんな掛け | ホーム | ギャラリー夢雲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1180-e07974fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)