木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

透ける木

ライトにかざすと怪しい緋色に・・・・

さてこれはなんでしょう。





答えはこれ。

トレイを作った端材のいいところでお茶托が出来ました。
肥松とか言われるヤニの多い目のつまったトロみたいなところ。
うすくうすく仕上げて上品なカタチになりました。

なんだか最近、松づいています。


DSC03409.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/04/21(月) 23:24:16|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<谷六ぶらぶら | ホーム | はじめましてと22年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1156-27a9cde6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)