木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

はじめましてと22年。

今日はさをり集ぎゃらりぃにボタンの搬出に行ってきました。
本当は16日までだったのですが今日、織のジュリエットさんと彼女が織っているニューヨークの教室を主宰されているサトネさんがさをりに来られるというので今日にしてもらいました。

搬出のあと大正区のギャラリーブリコラージュで泥染めの個展を開催中の伊藤寿佳子さん(スーちゃん)の会場へ・・・

ニューヨークのサトネさんとははじめまして!伊藤さんとは22年前にさをりではじめまして・・・です。
で、サトネさんと伊藤さんは生まれた時からのお友達!40ん・・数年!?
ぐるぐるまわって昨日繋がりました。

相変わらずエネルギッシュな伊藤さん、作品も元気いっぱい、私も元気もらいました。



22年来、といっても10年に1回くらいしか会わないけど・・・の2人



ニューヨークから来日中のサトネさんと。

DSC03398.jpg

伊藤さんの染色作品

DSC03393.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/04/20(日) 22:53:36|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<透ける木 | ホーム | altien>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1155-829c7e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)