木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。


オーダー3連発。

数物がひと段落したので個人のオーダーを楽しみながらぼつぼつと。
急に暖かくなってお昼をいただいたらなんだか眠たくなってきました。

お昼は近くの檜風呂屋さんに誘われて大山田のおそばやさんへ。

定年後、古民家を買って改装し畑とそば打ちっていうのがなんだか田舎暮らしのトレンド?
というくらいここから車で20分くらいの範囲に素人が始めたそば打ちの店が5軒。
今日おじゃました我流庵さんはやはり定年後に好きなそば打ちでお店なさっているのですが
かなり本腰はいっていて丁寧な仕事でおいしいそばをよばれました。
得に超細切りが今まで見たことがないくらいの細さ、ビープンのようでしかもしっかり腰があって不思議なそばでした。
私はあまり細くないほうが好きなんですがこの3種盛り(超細と二八と十)粉も違うブレンドだそうで楽しかってです。
あっ、暖かいお蕎麦もいいおだしで自家製のニシン甘露煮も柔らかくて甘すぎずよかったですよ。

仕事ブログのはずが食べ物のことになるとつい力が入ってしまいました。






スポンサーサイト
  1. 2014/03/19(水) 21:50:27|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<焼き黒水牛 | ホーム | そしてもっと丸く!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1126-c57064c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)