木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

来年の安心

近所に人から声がかかるとすぐにもらいにいって・・・
この冬はだいぶ薪を作りました。
今が木の切り時、もうそろそろ水を吸い上げて水っぽくなってきます。

今割って積み上げている薪は夏の間に乾燥させて次の冬の燃料になります。
ん~この労働量考えると薪ストーブは大変ですね。
楽しんで出来るかどうかにかかっているかもです。
ただし一度薪ストーブの暖かさを知ってしまったらこれも苦になりなせんよ~。







スポンサーサイト
  1. 2014/03/17(月) 22:56:25|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そしてもっと丸く! | ホーム | そして、丸くなる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1124-12258e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)