木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

先っぽばっかり

鹿角の先ばっかり200個、この冬に貯めたもの。
それも立派な角ばかり。





革のバック屋さんの注文です。
なかなかきれいな角ばかりというわけにいかず、天然ものですから…
先だけというのも苦労します。
かなり真ん中の部分が溜まってきました。
なかなかバランスよくは注文がきませんので。

DSC02993.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/02/18(火) 21:18:01|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仕上げは手カンナで。 | ホーム | 雪の朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1103-df32c434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)