木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

縫い目みたいな・・・

ボルトのためのミジを彫ったようすです。
何か縫い目のよう。







ボルトが入りふたをしたところ、まだ脚はどうなるか未定のようです。

DSC02865.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 23:32:29|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<帯のこ盤専用の木製治具 | ホーム | どうやって強度を持たせるかが問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1090-dfd25211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)