木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

蹴ロクロと絵付け用ロクロ

昨日、信楽の若い陶芸家さんが蹴ロクロ見に来て1台買ってくれました。
早速、車に積んでお持ち帰りです!いい作品作ってくださいね。
実は彼の作品は10年以上使っている皿があってなかなか使いやすくてお料理が映えるので気にいっています。
彼のページです。篠原望

それと絵付け用の欅材のロクロの問いあわせもありましたので画像UPします。

高いほうが、直径260㎜ 高さ173㎜
ひくい方が、直径218㎜ 高さ81㎜

DSC02417.jpg




高い方です。
小さな陶器の椿、乗せてみました。

DSC02401.jpg

外したところです。
振れどめの部分には紫檀を使っています。
芯は花梨です。
点で支えておりすごくスムーズに回ります。

DSC02402.jpg

手掛かりに少し彫りを入れてあります。

DSC02404.jpg

低い方です。
欅の木目が美しいロクロです。

DSC02406.jpg

芯は硬い材、花梨を使っています。
振れ止めの部分は紫檀です。

DSC02408.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/11/15(金) 09:11:58|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉢植えレモンの収穫 | ホーム | 子供の絵の玄関ドアー取り付け完了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1026-a76cf9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)