木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

ニャンドゥティとEGAO

時々ボタンを買いに来てくれるお客さんにこんな素敵なモチーフをいただきました。

枠に張った糸を針ですくって織り(組み?)あげるパラグアイの伝統的なレースモチーフだそう。
お嬢さんが現地で出会って、これを何とか換金できるように企画して継続的に仕事になるよう活動を始めたところだそう。いろいろ展開が考えられそうでこれから楽しみです。

詳細はFBにて。

egao




スポンサーサイト
  1. 2013/11/08(金) 08:57:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蝦夷鹿の角、切ります。 | ホーム | 子供の絵を色樹脂象嵌>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1022-5d9cd308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)