木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

子供の絵を色樹脂象嵌

玄関ドアーの4つのフレームの答です!

兄弟の画伯の絵を榧の板に彫り込んでエポキシ樹脂で色を作って入れました!
エポキシ樹脂はポリエステルなどと違いほとんど痩せもなく接着性に富むのでむいているようです。

ただし4人兄弟の上2人の分だけ・・・下の2人まだ小さくて無理なので2年くらい待って制作の予定。







一番上の窓にはきらきらしたガラスブロックの明りとりが入ります。


DSC02375.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/11/07(木) 08:16:20|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニャンドゥティとEGAO | ホーム | 紫檀のツマミ・・・コトリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1021-fd1a1f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)