木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

玄関ドアーの仕掛け。


木のドアーは反りが一番心配なので見えない芯材にはすごく気を使って最高のものを使っています。

いままで沢山作りましたが問題は1件もありません。古くなって撥水剤を塗りに行ったお宅がありますがびくともしてませんでした。アルミと違い木建ての家とともにいい色に変化してしっとりとなじんでいました。


田舎でもこの頃はアルミの引き戸を入れるお宅が多いのですが家が古びた色になっても玄関だけいつまでも白くてなんか違和感がありますね。それも白木色塗装のアルミとか・・・!?ちょっとシュールな感じ。



スポンサーサイト
  1. 2013/10/26(土) 10:12:32|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玄関ドアー、1つの窓と4つのフレーム | ホーム | 色・いろいろ、はるいろボタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1012-ed8f72e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)