木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

栗拾いの日々

風が吹くと裏山からカサッ、コロコロと栗が落ちてきて・・・・
仕事中もつい拾いに出てしまいます。
今年は少し小さめで少ないようですが芝栗は味が濃くて本当においしいです。
まだまだ木に残ってます!だれか拾いに来てくださーい!






一昨日は昼から室生のギャラリー夢雲へ、革の河野甲さんの作歴30年展覧会へ。
古い民家にひっそりたたずむ昆虫や恐竜たち、河野さんの物語のの生き物が迎えてくれます。
夕暮れ時、離れの座敷の恐竜が何か言いたげな目をして・・・
カメラをもっていなかったので残念。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/14(月) 08:46:39|
  2. 庭仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パリから戻りました。 | ホーム | 鹿角の根元で作るスーツボタン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1004-03f413f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)