木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

鹿角の根元で作るスーツボタン

エゾ鹿で長さ70センチくらいの極太角の根もと部分です。
さてこれがどんなボタンになるでしょうか。




まずスライスしてスの入っていない外側部分でブランクを取ります。
21mmのスーツ用釦は1本の根元で2~4個しか取れません。

DSC02228.jpg

旋盤をかけ4穴をあけて手バフで一つ一つ磨きます。
なんだか大理石みたいになりました。
21mmと18mmの注文です。


DSC02233.jpg

DSC02231.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/10/12(土) 22:59:39|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栗拾いの日々 | ホーム | 欅の洗面カウンター出来ました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ywood.blog58.fc2.com/tb.php/1003-13fd7e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)