木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

オーム貝のベンチ

オーム貝のベンチもお化粧直し。

一度大山崎美術館の関西いすなうという展覧会に貸し出しして以来、工房に展示してあります。






DSC00369.jpg

こんなのどう?

脚部になるベラの部分をさらにシャープにm削りなおして全面にのみ目のやり直しです。

DSC00389.jpg

すっきりとなりました。
工房に展示してますので是非現物をご覧くださいね。

DSC00390.jpg

スポンサーサイト
  1. 2017/09/11(月) 08:41:01|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0