FC2ブログ

木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

薪作りの労働は・・・

昨日は近くの友人と近くの山に薪の材をもらいに・・・

彼女宅も薪ストーブなんでこの薪の手当てが死活問題!なんです。
春に倒したコナラを地主さんが持って行って、ということなんですがとにかく農道に出すための道づくりで午前中3人掛かり。ちょっと休憩中。
この後昼からはにチェンソー3台の4人がかりでワゴン車と軽トラに積み込み。
道が出来たので後はヒマを見つけてボチボチと運びます。
これをまた割って乾かさなくては使えません。

冬に来られたお客さんは「いいわねえ、薪ストーブって…」ってよく言われるのですが、
実は筋肉痛と忍耐と時間のたまものなんですよ。



山仕事のおまけです。

DSC02346.jpg

いろんな実が色づいて、秋の花も沢山見つけました。

DSC02343.jpg

DSC02341.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/11/03(日) 16:52:04|
  2. 休日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0