FC2ブログ

木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

古材再生→松のテーブル

長さ2m40cm幅98cmの松のテーブル、完成しました。
天板の下端、かすかにシェイプ。
シンプルなデザインと確かな腕。





松のテーブル

組んでしまうと中の仕口が想像できない三方留め組継ぎ。

三方とめ

上から見たところ。

斜め上から

注文の家具は広葉樹の仕事が多いのですが、松もいい感じですね。
見直しました!


スポンサーサイト



  1. 2011/12/03(土) 16:40:52|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0