木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

三方どめ

2,4メートルのテーブルの脚を四方の角にもってきて、もちろん桟なども入れないデザインなので
脚と天板の組み次継ぎもこんな仕口です。
仕上がったらすっきりと苦労にあとがみえない!三方どめ。

唐木の座卓もこの仕口ですがホゾは2枚です。



三方止め
スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 21:37:56|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ