木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

1300個!

1300個!

またぶつぶつした画像です。
今度は19,5㎜と13㎜のボタン1300個。
300個を越すと、創作の喜び?とか職人の技術!とかそんなもんなくなって
ひたすら念仏唱えてるとか、苦行してるみたいな感じです。
数をひたすら作るのは向いてないなあと思いつつなぜかこんな仕事してます。

次は、30個と87個と・・また1300個!!
修行は続きます・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 21:21:28|
  2. ボタンズファクトリーの仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ