FC2ブログ

木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

雨でも工事は続く・・・


そうです、古いブロックの上に杉板を貼ります。
やっと桟が真っすぐ打てたので板はりはじめ・・・といきたいところですが雨がよく降りますね。


板はり初め!
  1. 2011/05/11(水) 21:00:25|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ続く・・・

坂道がきれいになったのでその勢いで古びたブロックの壁もリニューアル中。
仕上げはお楽しみ・・・


壁の工事は続く
  1. 2011/05/05(木) 22:05:47|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しい道へ・・・

10数年来の計画、工房へ道が真っすぐになってコンクリートも打ってもらいました。
これでお客さんが来られても上までスムーズに乗りいれ出来ます。

道回りの整備はまだまだ続く・・・・
お楽しみに。



新しい道へ
  1. 2011/04/07(木) 20:58:00|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

下水の行方は。

原発がどうなっているのかという情報は全くなくて・・・
近所の私より年配の方たちは放射能の危険にあまり危機感ないようで、その事実にも危機感を覚えます。
と言っていても何も始まらないので今日も日常のお仕事です。

やっと下水の配管が埋設です。春になったらとお願いしていた業者さんが来てくれました。
都会に暮らしていたころは上水がどこからきて下水がどうなっているかとあまり意識したことがなかったのですが、田舎に来てまず水をどうするか、市水道を負担金払って引いてもらうか井戸を掘るか、下水処理は?ということから始まりました。結局,市水道を1年待って引いてもらい下水は合併浄化槽です。
引っ越しして間もなく地域の小規模下水施設の計画が始まり負担金のため組で貯金を始めることに。

施設は完成したのですが宅地内配管にまた費用がかかるため下水処理使用料は払っているもののなかなか工事できずに2年以上たってやっと・・・です。

下水施設は業者が管理を委託されているのですが住民にも意識を持ってもらうため、2件1組で掃除当番が回ってきます。前処理の網のごみを取ってマンホールをチェックするくらいですがこれは必要なことやなあ~と思いました。
ゴミを実際見るとこんなん流したらあかんやんかってわかりますもんね。


下水管埋設
  1. 2011/03/17(木) 21:37:03|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駐車場です

山の際の土を搔いてもらったら駐車場が出来ました。
6台くらい停めれそうですね。溝に蓋をすれば・・・

塗り直した看板も両端を花梨で補強して駐車場に設置。
登記してから1年過ぎて道作りがやっと進行中です。



駐車場です
  1. 2011/02/13(日) 21:30:51|
  2. 道を造る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ