木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

朝の光

隣の山の木を20本くらい切ったので朝日が家の中まで射して・・・
朝、すごく明るくてきれいです!


光がぜんぜん違いますね。




DSC04596.jpg

朝は綺麗な雪景色でしたが気温が高くて昼には溶けたので新年に作った壁材を近くの製材所にモルダ―加工に持っていきました。ひとつひとつこつこつです。

DSC04599.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/01/12(月) 20:52:53|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝のお客さん

毎朝台所の外にお客さん。

今日は前の田んぼにサルの親子が・・・・
ここら辺ではまねかサルお客さんですが。
一番山にエサの少なくなるシーズンです。





  1. 2015/01/08(木) 09:39:30|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次はこしあぶら

まだまだ朝夕は冷えて薪ストーブを入れる日もあるくらいなので油断してました!

昨日、山に行ったらもうこしあぶらの芽が・・・
昼間の温度が上がって木々が一斉に芽吹いています。
蕨も出てました。仕事が手につかない季節です!!

早速今日はこしあぶらのテンプラを。






  1. 2014/04/24(木) 22:24:10|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと春です。

地元の神社の春季大祭3年に一度×組長さん9年に一度がちょうど重なって。組長さんに当たった山本は今朝は3時起きで御旅所へ・・・
一昨日の朝の御旅所のおそうじから今日で3日目。
春です。眠たいです。

裏山では春蘭が咲き始めました。
ここら辺ではじじばばというらしいです?
午前中にこんな風に日が当たり、冬は枯葉が溜まるような半日蔭によく自生しています。
一時は山野草ブームで根こそぎ採られて減っていましたがまたぼちぼちと回復してきました。
西洋ランは香りのないものが多いように思いますが日本春蘭は上品な香りがあります。
姿も楚々としていいですよね。

やっと春です。




  1. 2014/04/15(火) 21:02:41|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春一番は大きい

雨のあとはポコポコ出てきます。
春の椎茸は大きいのが出ますね。
食べきれない分はせっせと干しています。

原木椎茸はすごく肉厚で歯ごたえがあって食べ応えありますよ。





  1. 2014/04/09(水) 22:23:39|
  2. 山仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ