FC2ブログ

木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

30年目のお色直し

かれこれ30年位前に納品した栃の座卓。
とてもいい色になって帰ってきました。
これを大きくなってお嫁に行った娘さんの新築のお家にテーブルにリフォームして納品します。

DSC02047.jpg

少し反りが出ていたので両面を手カンナで削りなおします。

DSC02046.jpg

脚は角から自然に丸になる手作業ならではのフォルム、2枚ほぞでしっかり差し込みすっきりしたしあげに。

DSC02058.jpg

DSC02059_20190912232729dee.jpg






続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/09/12(木) 23:34:08|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脚がかなり色っぽいテーブル完成です。

素材はハードメイプル、杢がはいった美しい材です。

DSC01853_2019071722391663f.jpg

これから丸くなります。

DSC01854.jpg

豆カンナがかわいい。

DSC01855.jpg

DSC01876.jpg

DSC01875.jpg

DSC01873.jpg

DSC01872.jpg

DSC01871_2019071722380725c.jpg

DSC01869.jpg

  1. 2019/07/17(水) 22:43:01|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作は古民家から・・・

結びのシリーズの新作です!
長めの紐が少しゆたっとしているところがポイント。
実はこの材料の地松は滋賀県の解体された古い民家の鴨居なんです。
滋賀県は特になのか?普通の民家でも、さしかもいの幅が立派でほれぼれします。
産廃になるところだった松も生まれ変わって新しい人生ですね。




DSC01617.jpg

  1. 2019/06/14(金) 10:39:41|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山本伸二初めての・・・

さてさて、、、これはネジで簡単に素人が組み立てれる本棚。
なんと山本伸二初めての組み立て家具・!?・・

組みたて家具なのにクオリティ高すぎかも。




DSC04912.jpg

  1. 2019/05/17(金) 00:41:23|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シオジのスモールデスクと栃のこたつテーブル

珍しく脚はどちらも既製品使用。
デスクは鉄製の脚、こたつテーブルはフラットヒーターが組み込まれたスチール。
軽い感じに仕上がりました。





天板は2枚ハギのシオジ。

DSC04781.jpg

DSC04780.jpg



DSC04779.jpg

こたつテーブル、この頃は本当に薄いフラットヒーターで夏もそのまま使えます。

DSC04776.jpg

天板は栃で80㎝角ありますので二人の使用にぴったりの大きさです。

DSC04775.jpg




  1. 2019/04/08(月) 22:15:29|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ