FC2ブログ

木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

新作は古民家から・・・

結びのシリーズの新作です!
長めの紐が少しゆたっとしているところがポイント。
実はこの材料の地松は滋賀県の解体された古い民家の鴨居なんです。
滋賀県は特になのか?普通の民家でも、さしかもいの幅が立派でほれぼれします。
産廃になるところだった松も生まれ変わって新しい人生ですね。




DSC01617.jpg

スポンサーサイト
  1. 2019/06/14(金) 10:39:41|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山本伸二初めての・・・

さてさて、、、これはネジで簡単に素人が組み立てれる本棚。
なんと山本伸二初めての組み立て家具・!?・・

組みたて家具なのにクオリティ高すぎかも。




DSC04912.jpg

  1. 2019/05/17(金) 00:41:23|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シオジのスモールデスクと栃のこたつテーブル

珍しく脚はどちらも既製品使用。
デスクは鉄製の脚、こたつテーブルはフラットヒーターが組み込まれたスチール。
軽い感じに仕上がりました。





天板は2枚ハギのシオジ。

DSC04781.jpg

DSC04780.jpg



DSC04779.jpg

こたつテーブル、この頃は本当に薄いフラットヒーターで夏もそのまま使えます。

DSC04776.jpg

天板は栃で80㎝角ありますので二人の使用にぴったりの大きさです。

DSC04775.jpg




  1. 2019/04/08(月) 22:15:29|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欅の皿立て

チョーカースタンドに続いて皿立てが完成です。
以前、陶芸家から飾り皿を立てるスタンドを頼まれたことがあったのですがなかなかおしゃれなのがないんですね。
普通は木の台に引っ掛けて立てるクラッシックなものですがどうもお皿が負けてしまうような感じで、何とかできないかなあと
思っていました。
で、これです!!
これが皿をかける部品。

これは紐で可動式ですので色々な大きさのお皿に対応できます。

田んぼボタン

DSC04693.jpg

DSC04694.jpg

足をたたむとコンパクトに。

DSC04695.jpg

ベンチ

白いお皿は15㎝です。
かなり大ぶりなお皿も立てれます。

工芸の5月

DSC04698.jpg

この下和弘さんの絵皿は直径36センチです。

欅

DSC04700.jpg

DSC04701.jpg








  1. 2019/03/27(水) 08:19:39|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なみなみ、3連ちゃん

向こうに見えるのは欅の板曲木。手に持ってる小さいのは楢の切り出したのもの。




DSC03989.jpg
手前ののは紫檀の切り抜いたもの
DSC03988.jpg

ってどんなけなみなみ好きなの。なみなみ部材、何かになるわけでないらしい?いや何かに使える??


  1. 2018/12/23(日) 19:57:06|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ