木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

全手動式曲木装置!

全手動でトレイ用の曲木加工が量産体制?!

って、、、そうストーブですね。たぶん冬しかできないでしょうね。





DSC00812.jpg

結構熱いです。
水分が逃げないようにアルミ箔で包んでいます。
ギター製作の清水さんのアドバイスです。


DSC00813.jpg 

DSC00798.jpg

DSC00797.jpg

スポンサーサイト
  1. 2017/11/16(木) 08:38:42|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引き続き縫ってます!

伊賀市の組み紐やさん(丸紐専門の)やまぐちさんに基本色から5色選んで紐を分けていただき、引き続き縫ってます。
大分て慣れてきた感じです。
目もきれいに揃っています。






DSC00754.jpg
DSC00753.jpg
DSC00752.jpg

やはり、朱色がかわいいかな・・・


  1. 2017/11/08(水) 08:25:47|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海色の脚

試作品です。
ケヤキにポリエステルを流してみました。





これを切削してトレイの脚を作ろうと・・・

DSC00734.jpg
DSC00733.jpg

ケヤキとポリの
接着度があまり強くなくて苦労しています。
もっと脱泡機械などで減圧して含侵できれば強くなると思うのですが・・・
まあとにかく試作試作です。
やってみなくては始まりません。

DSC00740.jpg
DSC00741.jpg
DSC00743.jpg


  1. 2017/11/05(日) 09:21:02|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木を縫う。

漆乾燥中に前から気になっていた木を縫うという仕事を試作中です。

伊賀の組紐や籐でいろいろ試しているところ、指物と違った軽やかなプレートが出来そうですよ。
金曜日には伊賀の丸紐専門の組紐やさんへ行って教えてもらおうと思っています。
紐を使うことで木に色をさすことが出来て楽しそう。



これは焚いた籐で試作しているところ。



右が組紐。

秋・・・

  1. 2017/10/26(木) 08:12:32|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに漆室の出番です。

漆は適度な湿度と温度で硬化する天然樹脂です。
で、こんな漆のお部屋が必要なわけですが、久しぶりの出番です。
仕事場もストーブを焚き始めましたので丁度いい暖かさですね。

室が上についている作業机はオリジナル、ちょっと珍しいかもしれません。





何度目かの漆塗り中。

DSC00634.jpg

秋の米ナス

  1. 2017/10/24(火) 11:13:36|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ