木精肌具 

木でモニュメントから、家具、唐木細工までこなす山本工房の制作日記。木精肌具(もくせいきぐ)は木に触れて感じてほしいという作者、山本伸二の想いからのネーミング。

3脚、展示販売中。

1台はすでに御嫁入していますが残り3脚、展示しました。
ショールームで見て触っていただけます。

お値段はお持ち帰り価格6万円ちょうど。
どなたか私を連れて帰って価格です!






スポンサーサイト
  1. 2017/02/18(土) 09:18:33|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しましましっぽ



注文とお店用以外に残っていた材料で後3脚完成。
スツールですがコーヒーテーブルや花台としても使えます。

DSC09360.jpg

メープルの杢入り、美しい材です。

DSC09359.jpg


  1. 2017/02/16(木) 08:09:58|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品のリニューアル

さてさてこの寝かされた丸太の家具…実はベルト掛けになっている・・・・はどうなることやら。
答えは後ほど、お楽しみ。




  1. 2017/01/12(木) 00:05:33|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017仕事始め

1月4日から仕事始め。

今年もよろしくお願いします。





  1. 2017/01/06(金) 07:06:27|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椹の番重

DSC08980.jpg

椹(さわら)という材料で番重を制作。
椹はおひつなどに使われる木でにおいが移らず軽くて目もこまかく美しい木味です。

DSC08979.jpg

これはパン生地の2次発酵用の箱。
プラスチックの番重とは違い適度に水分も吸ってくれるしふっくら発酵するそうです。

DSC08975.jpg

10個完成。
あっ、もちろん蓋もバッチリです。


DSC08977.jpg





  1. 2017/01/01(日) 00:08:22|
  2. 山本伸二の仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ